綺麗な事務所

家賃収入で生計を立てたいと思っている人は増えています。
賃貸併用住宅を建設して、そこのオーナーとして家賃収入を受け取るという考え方です。
では、賃貸併用住宅のオーナーとして上手にやっていくにはどうしたらいいのでしょうか。
まず分かっていないといけないのは、長期間に渡って入居者が入ってくれないと採算が合わないということです。
建設初期のみ入居者が入って、その人たちが退去後には次の入居者が見つからないということでは投じた予算を回収できなくなってしまうのです。
では、どうしたらいいのでしょうか。
出来る対策としては、室内設備を充実させることです。
設備を最小限にして、その分家賃を低く抑えるいう考え方もあります。
設備が充実していると、長期間に渡って入居者を引きつけることが出来るのです。
どの賃貸物件にもついているような設備は、もちろん揃える必要があります。
それに加えて他の賃貸物件を差別化を出来るような、設備も入れることが出来るでしょう。
たとえば、インターネットのブロードバンド回線が引けるようにしておくのは重要です。
インターネット環境にこだわりのある入居者も多いからです。
キッチン周りの設備としては、ガスコンロを設置できるキッチンである必要があるでしょう。
このスペースを確保していないと、自炊をしようと考えている入居者さんのニーズを満たすことが出来ないからです。
洗面所に先発用のシャワーヘッドを設置するのも人気向上につながります。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031